ハゲ予防薬である主にミノキシジルについて

多くのハゲの敵であるAGA【男性型円形脱毛症の意味】は一般的には予防が難しいと言われていますが現段階でAGA治療薬(ハゲ予防薬)に効果が期待できるとされているのはミノキシジルと言われています。
ほかにAGAに有効なクスリはほとんどないとまで言われています。
ミノキシジル】は育毛剤AGA治療薬として開発がすすめられてはおらず、もともとは血圧降下、血圧上昇を防ぐクスリとして開発されていた途中の段階で薬剤の副作用として脱毛予防につながると発見されたために本来の販売目的とは別に開発、販売が進められました。
また、日本では大正製薬から【リアップ】の主成分となっておりどなたでも気軽に薬局にて購入が出来ます。
また有効成分配合の育毛剤でプロペシアとは違いシップタイプの育毛剤としてはロゲインがあります。
この育毛剤は米国ファイザー製薬から発売されていますので製造元は大手の製薬会社であるために信頼感はかなりたかいとも言えるでしょう。
最近では女性用にも販売がされており、大正製薬での臨床実験では5パーセントの服用に対して
98ペーセントの人が薄毛改善に効果を実感した、との結果が出てます。
ただ、良いこと尽くしではなく弱点があり生え際やM型脱毛症に対しては効果が期待できません。
またタブレットタイプの育毛剤もあります。
そのほかに育毛剤として有名なのが【プロペシア】です。
なお、同様でこのクスリもまた育毛として開発されていたわけではなく前立腺肥大に対するこう薬として研究が進められていましたが被験者に育毛の効果が確認されたために発毛剤として販売されたわけです。
一般名は【フィナステリド】として認知されており、米国の製薬会社でもあるメルク社が開発販売しており現在では全世界60の国に承認され医師からも処方できる薬でもあります。
主な効果効能についてですが、日本国内での臨床実験では1日に1mgを服用し続けた場合、1年間では60パーセントちかくもの効果が実感できるとの報告もされております。
服用する際の注意事項としては、20歳未満の未成年に対しては安全と証明されていないために
服用は禁止となっておりまた女性に対する適用でもないため女性には処方はされておりません。
早ければ3か月かんでの連続投与をすることにより効果が実感できるとされており平均で服用を続けて6か月位の期間を必要とするため服用を途中でやめてしまうと効果が途切れてしまいますので注意が必要です。
薄毛に悩まれる方はぜひ上記育毛剤をお勧めいたします。